Posted in Cycle
image of cycling clipless pedals

このガイドでは、クリップイン (クリップレス) ペダルとクリートについてご紹介しています。 どんな利点があるか、どのような機能性を持っているかの他、様々なモデルについても解説しています。

 

クリップインペダルの利点とは?

クリップレスペダルとも呼ばれるクリップインペダルの一番の利点はバイクのコントロール性を向上することです。特に雨天などで滑りやすいコンディションで、足元がペダルから滑り落ちないので、ライドの自信も高まるでしょう。

クリップインペダルの取り付けが正しく行われると、足はペダルアクスルの常に正しい位置に留まるので、パワー伝達がより効率的に行われます。

クリップインペダルを使用すると、太腿前面を使用するペダリング前半のペダルを押し出す動作で力が伝わりやすいだけでなく、ハムストリングを使うペダリング後半のペダルを持ち上げる動作にも効果を発揮します。ペダリング全体の効率性と出力の向上が期待できるわけです。

クリップインペダルと一緒に使用するクリップインシューズは標準的なトレーニング用シューズと比較して、剛性が高いのが特長です。この性質により、ペダリングの効率性が高まるだけでなく、長距離ライドの快適性がアップ利点があります。

 

クリップインペダルの働きとは?

クリップインペダルは 2つの主要コンポーネントから構成されています。標準的なフラットペダルと同じくバイクに取り付けるペダルと、サイクリングシューズのソールに取り付けるクリートです。

ペダルに付いたスプリング機構により、シューズをクリートにクリップのように留めたり、外したりすることができます。

クリートがクリップで所定位置に留まるまで、足を前方下に向けてペダルに対して押し込むだけで、ほとんどの場合取り付けが完了します。 取り外しするまで、ペダルは足に固定されたままです。かかとを外側に回すことで足をペダルから外すことができます。

滑らかな取り付けを行うには、まず片方の足をペダルにクリップし、固定します。こぎ始めは片方の足だけがペダルに固定されている状態です。 停車するときには、しっかりともたれかかれる場所に身体を預けてから足を外すことで、何らかの原因で万が一足が外れなくても、転んだりする心配がありません。

クリップインペダルの利用に二の足を踏むライダーも多いはずです。しかしながら少しの練習ですぐに自信も出て、最新クリップインペダルシステムの利点に集中できることでしょう。

 

クリップインペダルやシューズによって使用するクリートは異なる?

クリップインペダルには主に 2つのタイプがあります。3本のボルトを使用するタイプと 2本のボルトを使用するモデルです。

3本ボルトタイプのロードサイクリングクリップインペダル

Shimano での商品名 SPD-SL 型としても知られる、3本ボルトタイプのペダルは主にロードサイクリングに使用されます。

大きなプラスチックのクリートが採用され、3本のボルトでシューズに取り付けるタイプです。 ペダルのクリップイン機構はペダル面の片方のみに対応するので、取り付けるの際には正しい面かどうかを確認する必要があります。

ロードサイクリング用の 3本ボルトクリップインペダルは、シューズとの接面が広いために安定性が向上します。これにより、パワー伝達と機能性も増します。 しかしながら、クリートが大きく、シューズのドレッドの長さより厚いので、つけたままで歩くのには不向きです。

Wiggle では様々なロードサイクリング用クリップインペダルを揃えています。

Cleats and pedals

 

2本ボルトタイプのマウンテンバイク用クリップインペダル

クリップインのクリート、ペダルの 2つ目のタイプは、主にオフロードサイクリングや通勤ライド、ツーリングなどに使用されます。

金属製のクリートは小さめで、2本のボルトでサイクリングシューズに取り付けます。 ペダルのクリップイン機構がぺダリ両面についているので、取り付けが簡単なのが特長です。

クリートのサイズは小さめなので、シューズのトレッドの長さより薄いため、つけたままで歩くのにも適しています。

Wiggle では様々な 2本ボルトタイプクリップインペダルを揃えています。

cleats-guide2

 

サイクリングシューズとペダルクリートの対応性

2本ボルトタイプと 3本ボルト両方に対応するシューズもあります。しかし、プロ仕様のパフォーマンスシューズを含む多くの商品が、どちらかのみに対応しています。

サイクリングシューズの商品ページに掲載されている商品の詳細をご確認の上、ペダルやクリートがお手持ちのシューズに合うかを必ず確認してください。

注意: Shimano はクリート アダプタープレートを発売していますが、お手持ちのサイクリングシューズのソールに合ったクリートの使用をお勧めしています。

Are there different cleats for different pedals and shoes?

 

Speedplay のロードクリートとペダルについての留意点

Speedplay のロードペダルは 4本のボルトをクリートに使用しています。しかし、ほとんどの 3本ボルトタイプのシューズに適合させるためのアダプターが付属しているので、ご安心ください。

 

 

正しいクリップイン (クリップレス) ペダルクリートとは

クリップイン (クリップレス) ペダルを購入すると、ペダルに合うようにデザインされたクリートも付属していることがほとんどです。

クリップイン/クリップレスペダル用クリートはメーカーにより通常異なります。例えば、Shimano のクリートは Look のペダルには合いません。 例外として、RitchyWellgo など、最近の 2本ボルトタイプは異なるメーカーのペダルやクリートに適合するものがあります。いずれにせよ、商品ページで対応性を確認してからの購入をお勧めします。

クリートのカラーが異なる理由

Look や Shimano などのメーカーは 3本ボルトタイプのロード用クリートをカラーにより識別できるようにしています。これはそのクリートが採用するフロートの角度を示すためです。 フロートはクリートがペダルに取り付けられた際に可能な、横向きのわずかな回転角を表しています。

数度のフロート角により、正しく位置調整されていない状態で足が固定されるのを防ぐことができます。正しく位置調整されていなくては、膝のけがの原因にもなるので、このフロート角は重要なのです。

Shimano と Look カラーコードはフロートにより異なります。

Shimano SPD-SL ペダルクリート

  • レッド: フロート角 0度
  • ブルー: フロート角 2度 (Dura Ace SPD-SL ペダルなど高性能商品に付属)
  • イエロー: フロート角 6度 (ほとんどの Shimano SPD-SL ペダルに付属)

Look ペダルクリート

  • ブラック: フロート角 0度
  • グレー: フロート角 4.5度
  • レッド: フロート角 9度

shimano pedal cleats blue

 

 

クリート/ペダルの正しい組み合わせとは

マウンテンバイクに乗りますか?

もしそうであれば、2本ボルトタイプのクリップインペダルが最適です。 Wiggle では下記の 2本ボルトタイプのクリップイン (クリップレス) ペダルを販売しています。

  • Shimano SPD (Shimano Pedalling Dynamics): 市場で初めて量産されたオフロード用クリップインペダルシステムで、常にトップの人気を誇ります。 トレイルでの機能性と耐久性の高さで有名です。
  • Crank Brothers: Eggbeater シリーズのペダルは泥はけがよく、ペダルの 4方向からクリップイン可能です。 しかしながら、他のペダルに比べてメンテナンスは必要かもしれません。
  • Time ATAC: 長期にわたりマウンテンバイカーやシクロクロスレーサーに人気のペダルです。 泥はけの良さは秀逸で、足の取り付けと取り外しの性能が、どんなにコンディションが劣悪でも常に一定なのも人気の理由です。
  • Speedplay Frog: Speedplay のロード用ペダルと同様、ペダルの表面でなく、クリート内部にバネ機構を採用しています。 耐久性と十分なフロートで人気がありますが、クリートがかなり大きめなので、シューズと取り付けるのに少し調整が必要かもしれません。
  • LifeLine: Wiggle 自社ブランドで、お買い得価格なのはもちろん、機能性も抜群です。 初心者と中級者に特にお勧めです。
  • Look S-Track: このペダルはプロレベルのマウンテンバイカーに使用され、何度も世界選手権優勝に導いてきた逸品です。 独特のデザインによりペダルとシューズ間の接面が広く、より高いパワー伝達が実現します。
  • Ritchey: いつの時代も劣らぬ人気を誇る高性能ペダルです。 Ritchy は、品質の良いコンポーネントを提供することで信頼の高いメーカーです。 

mountain bike clip-in pedals

 

ロードバイクに乗りますか?

もしそうであれば、3本ボルトタイプのクリップインペダルが最適です。 Wiggle では下記の 3本ボルトタイプのクリップイン (クリップレス) ペダルを販売しています。

  • Shimano SPD SL: Look のシステムをベースにペダルを製造していますが、両メーカー製品に互換性はありません。 お手頃価格から高級なものまで価格幅が広く、その耐久性の高さでよく知られています。
  • Look: 1980年代にスキー板の取り付け仕様にヒントを得て、現代的なクリップインペダルを開発しました。 その後、基本となるデザインにはほとんど変更はありませんが、最先端の素材と技術を採用することで、市場で最も軽量で、機能性抜群なペダルを生産し続けています。
  • LifeLine: Wiggle 自社ブランドのペダルで、抜群な価格力はもちろん、Shimano に近い機能性を発揮します。
  • Speedplay: 機構がすべてクリート内に収まっているという点で、他のクリップインペダルとは一線を画する商品です。 これにより、ペダルの両サイドから足を取り付けることができるだけでなく、微妙なフロートの調整も実現できます。 しかしながら、他のメーカー商品に対し、価格は高めです。
  • TIME: ロードサイクリングの市場で何十年にもわたりサイクリストに愛され続け、その信頼の高い機能性により、コアなファンも多いメーカーです。

look road cycling pedals

About the author

Ryutaro Okazaki
Published on: 31 1月 2017