Posted in Cycle
tubeless bike tyres guide

チューブレスタイヤには想像以上にたくさんの利点があります。以前のブログ ”ロードタイヤをチューブレスにする利点” もご参照ください。

インナーチューブの取り外しを検討しているライダーも多いのではないでしょうか。そこで、今回チューブレスへの移行がいかに簡単に完了するかをご説明したいと思います。

 

バイクタイヤをチューブレスにする利点

ロードバイク、マウンテンバイク、シクロクロスバイクに限らず、どのバイクにおいても享受できるチューブレスの主な利点についてまずは考えてみましょう。

パンクのリスクを軽減

バイクタイヤのパンクには、主に 2パターンが挙げられます。1つ目は、タイヤのラバートレッドに石などの異物が貫通することにより、インナーチューブに穴が開くことで起こるパンクです。 2つ目は大きな穴の上を走行したときなどに、ビードがインナーチューブを圧迫することで起こるパンクです。「スネークバイト (蛇の噛み後のように小さな 2つの穴が開くことから)」 や 「ピンチフラット」 と呼ばれています。 チューブレスタイヤを使用すると、これらのパンクの原因を防止できます。タイヤの内部を満たしたシーラントが初期のパンクを未然に密封してくれるからです。また、チューブが元々入っていないので、「チューブに穴が開く」ことがないのです。 この結果、パンクが大幅に減少します。特に野山などの荒れた地面でのライドや、ピンチフラットがよく起こるタイヤの空気圧が低いときなどには効果てき面です。

グリップと快適性が向上

チューブレスのセットアップがしっかり行われれば、快適性が格段に増します。また、チューブを使用したタイヤに比べグリップ力の向上が期待できます。 これは、ロードの表面に対するタイヤの適合性が大幅に改善されるからです。ピョンピョン跳ねるような走行ではなく、「地に足の付いた」安定走行が実現します。

摩擦の軽減 

タイヤが地面にしっかりと接する方が、跳ねるような走行よりも摩擦が低いのは確かな事実です。 チューブレスタイヤはロードやトレイルの表面にしっかりと接面を作るので、摩擦が少なくてすむわけです。 加えて、インナーチューブとタイヤの間には驚くほど大きな摩擦が生まれます (レーサーがラテックス製インナーチューブを好むのは、順応性が高いことで摩擦が起こりにくいからなのです)。チューブレスにすると、この摩擦も抑制できます。 摩擦が少ないことにより、スピード性は向上するので、チューブレスタイヤの大きな利点と言えますね。

Tubeless road tyres

 

 

タイヤをチューブレスにする方法

「チューブレス 変更」などでネット検索をかけると、タイヤをチューブレスに変換するための様々な方法を入手することができます。これらは普段使いのリムとタイヤをいかにチューブレスに「変換」するかを解説しています。 しかしながら、この変換作業は適切に行われるべきなので、ネットでの情報を簡単に鵜呑みすることはあまりお勧めできません。 チューブレスタイヤを試してみようと考えているなら、しっかりとしたテストを怠らないで、適切なチューブレス対応ホイールセットとチューブレス専用タイヤを使用することが大切なのです。 それでは詳細をご説明します。

 

必要な道具

tubeless installation guide

 

ステップ1: ホイールリムの洗浄と準備

最初にリムがチューブレスに対応可能かを確かめることから始めましょう。 もしチューブレス用リムテープがまだ貼られていない場合は、必ず最初に貼ってください。それまで使用してきた通常のリムテープを外し、アルコールでよく表面を洗浄した後に、チューブレステープをしっかりと伸ばしながら貼り付けます。この際、空気が入り込まないように注意しましょう。 リムテープの正しい貼り方の詳細は、パッケージに記載されているメーカーの説明を参照してください。

tubeless rim tape on wheel

 

ステップ2: チューブレスバルブの取り付け

リムにバルブを通し、栓をきつくしっかりと締めます。

tubeless bicycle valve

 

ステップ3: タイヤの取り付け

お好みのチューブレスタイヤを取り付けます。作業の順番は絶対に守ってください。 一方のビードを取り付けてから、もう片方のビードを 8割ほど取り付けます。取り付けられていない部分を少し残すのは、この後シーラントを内部に注入するためです。

tubeless bicycle tyre

 

ステップ4: チューブレスシーラントの計量と注入

タイヤのサイズにちなんだ正しい量のシーラントを計り (正しい量はメーカーの説明書を参照してください)、ビードの開いた部分から注入します。 この際、ホイールは何かに引っ掛けて吊るすと、底部分のタイヤが平らにならないので作業がしやすくなります。タイヤ内部の空洞にシーラントを注入してください。

tubeless tyres guide

 

ステップ5: もう片方のビードを完全に取り付け

ホイールのビードが両方取り付けられた部分にもまんべんなくシーラントを行きわたらせるように、タイヤを回転させます。こうすることで、ビードを閉じきっていない部分からシーラントがこぼれるのを防ぐことができます。 その後、閉じてない方のビードを完全に取り付けます。

tubeless bicycle tyres

 

ステップ6: バルブの点検と調整

リムの内部の 2本のタイヤビード間にバルブが収まっているかを確認します。 バルブが 6時の位置に来るようにホイールを回転し、バルブ内にこぼれたシーラントを流し出します。 その後、バルブが 5時か 7時の位置に来るように動かしてから、ポンプヘッドをバルブに取り付けてください。

ステップ7: 空気出力の高いポンプを使用

リムにタイヤのビードをしっかりと固定し、タイヤの完全な密封を完了するためには、一気に空気を流し込むことが必要です。 もちろん標準フロアポンプも使用できますが、空気出力の高いポンプの購入を強くお勧めします。空気の塊をシリンダー内に形成し、タイヤ内に勢いよく一気に押し込むことができるのが特長です。 Lezyne Digital Over-Drive チューブレスフロアポンプLezyne Over-Drive チューブレスフロアポンプがお勧めです。

Charge tubeless pump

 

ステップ8: 一気に空気を注入

ポンプのシリンダーから一気に空気を押し込み、タイヤのふくらみを確認します。リムビードはしっかり固定されたでしょうか。

tubeless bicycle tyre pump

 

ステップ9: タイヤをよく振る

チューブレスシーラントがタイヤとリムやバルブ周りのあらゆる小さなすき間を埋めつくすように、取り付けの済んだホイールとタイヤをよく振りましょう。 空気が漏れる音が聞こえなくなるまで振るのがコツです。

schwalbe tubeless tyre

 

ステップ10: ライドに出発

タイヤはこんなにも簡単にチューブレスにすることができます。 チューブレスタイヤのテクノロジーが何年にもわたり、マウンテンバイクや自動車の利用者に好まれるのには理由があります。安定した機能性や耐パンク性が向上し、チューブを使用したタイヤよりも高いパフォーマンスを発揮するはずです。

Wiggle のチューブレスアクセサリーはこちら

Wiggle のチューブレスホイールはこちら

About the author

Ryutaro Okazaki
Published on: 09 1月 2017