Posted in Run

科学的な根拠

コンプレッション衣料はあらゆるスポーツでアスリートのパフォーマンスを向上させることが実証されています。血流を良くし、筋肉を安定させて筋肉の振動を抑制することで、筋肉群の機能を高めて、回復を早めます。

コンプレッション衣料には 3 つの特長があります:

1) 血行の促進 - 部分によって圧力を変え、四肢の圧力を最も強くして、心臓とリンパ節への血の流れを良くします。その結果、ウォームアップ時間を短縮し、筋肉への血流を促進して、パフォーマンスを向上させ、回復を早めます。血栓と深部静脈血栓症のリスクを抑制する働きもあります。

2) 安定性 - コンプレッション衣料は筋肉を包み込み、運動中の振動と損傷を低減します。激しい運動中や運動後の筋肉の痛みをやわらげる働きもあります。

3) 筋肉の痛みの低減  - 運動後の筋肉への血行を促進し、不快感や痛みの元となる水分の滞留と腫れを減らします。血流が良くなると、筋肉の痛みを引き起こす乳酸などの有害な物質が排出されやすくなります。


サイズとフィット

衣料では常にサイズが重要ですが、コンプレッション衣料では特にそれが顕著です。コンプレッション技術の恩恵を受けるには、身体にぴったりと合った製品を選ぶ必要があります。

締め付けを考慮して、通常よりも小さいサイズを購入する必要はありません。各メーカーはぴったりとしたフィットになるように製品のサイズを設定しています。購入にあたって、メーカーのサイズ表を確認して、身体の大きさに正確に一致するサイズを選択してください。これで、コンプレッション衣料の利点をすべて活かすことができます。


コンプレッション衣料の種類

現在では、足から腕まで、身体のほとんどの部分に対応するコンプレッション衣料があります。選択する衣料は、スポーツの種類と、求める効果によって異なります。以下に例を示します:

 

コンプレッションタイツ

体の筋肉で最も大きい脚の筋肉をサポートします。サイクリング、ランニング、スイミングなどでは、脚部のパフォーマンスを最大限に発揮することが重要で、回復の促進による効果も十分に得られます。

PWX ladies compression tightsUnder Armor mens compression tights

 

コンプレッショントップス

ウェイトリフティング、サイクリング、スイミングなど、多くのスポーツで有効です。重量上げやランニングでは筋肉を安定させ、プールから上がったときやバイクから降りた後で、回復を促進します。

Under Armor Mens Heatgear compression topWomens compression top

 

 

コンプレッションソックスとカーフガード​

コンプレッションソックスは、履き心地を良くし、姿勢を正しく保ち、土踏まずを支えます。血行が良くなると、寒い季節でもつま先の感覚が鋭敏になります。コンプレッションソックスには、かかと丈やひざ丈など、さまざまな長さがあります。ひざ丈のソックスは足だけでなく、ふくらはぎの筋肉にも効果があります。Wiggle では、ソックスとは別にカーフガードも取り揃えています。

Compressport Pro Racing sockCompressport R2 socks

 

コンプレッションアンダーウエア

最後、コンプレッションアンダーウエアを身に付ければ、身体全体でコンプレッション技術の恩恵を受けることができます。着用した部分のサポート力と安定性を増します。

Nike Core compression 9 inch shortNike ladies pro bra


 Brands to look out for...

最先端のコンプレッション衣料を発売している有名メーカーの製品はすべて Wiggle で取り扱っています。Nike(ナイキ)、Compressport(コンプレスポーツ)Skins(スキンズ)Adidas(アディダス)dhb(ディーエイチビー) など、さまざまなブランドから選んでください。ここで挙げたメーカーは、コンプレッション技術の黎明期から開発を続けており、科学的に検証され、効果の高い最新のコンプレッション衣料をリリースしています。
      

サイクル購入ガイド
  • disc-brake-cleaning-guide
    How to guides
    07 2月 2018 / Ryutaro Okazaki
    ディスクブレーキの役割とはバイクの動きを止めること。その役割が果たせなければ意味がありません。このガイドでは、バイク洗浄用品のメーカー Crankalicious が、バイクのディスクブレーキの最適な洗浄方法を 6つのステップに分けてご説明しています。
    Read Article0 Comments