Posted in Cycle
サイクリングシューズ購入ガイド

本ガイドでは、各種のサイクリングシューズについて解説します。ロードサイクリング、トライアスロン、マウンテンバイクなど、それぞれに専用のデザイン、さらにそのカテゴリー内でのバリーションを検討します。


サイクリングシューズとは

基礎から始めます。サイクリングシューズとは何でしょう。通常のスポーツシューズとは何が異なるのでしょうか。サイクリングシューズには、"クリップレス" または "クリップイン" テクノロジーが使用されています。また、ペダルにシューズをはめ込むための「クリート」がシューズの底にあります。このデザインにより、押し下げるだけでなく引き上げることもできるので、ペダルストロークの全域にわたって滑らかに力を加えることができます。効率が上昇し、最終的に速度の上昇につながります。

クリップインシューズは構造の面から見ても、通常のスポーツシューズより効率が上がるようになっています。ソールが薄くて固いので、ペダルを踏んだときにもたわみが少なく、ペダルを通じての動力伝達効率が向上します。また、足を適切な位置にしっかりと固定するためのバックル、ストラップ、レースなどを備えているので、従来のスポーツシューズのように中で滑ったり動いたりしないようになっています。

サイクリングシューズは、通常のスポーツシューズよりも効率性と快適性に重点を置いて作られています。サイクリングシューズのメリットに加えて、"クリップイン" シューズには多くの改良が施されています。本ガイドでは、お客様が最適なサイクリングシューズを購入できるように、シューズの種類について解説します。

What are cycling shoes


ロードサイクリングシューズ

最初はロードサイクリングシューズです。ロードシューズは簡単に見分けることができます。通常、滑らかで薄いプラスチック製またはカーボン製のソールを備えています。ソールには溝や突起はありません (踵の部分には付いていることがあります)。高温下で足を涼しく保つために、通気性に優れたアッパーが付けられていることもあります。バックルとストラップを組み合わせて使用し、足を適切な位置にしっかりと固定します。

Sidi Wire Carbon Vernice road shoes

 

ロードシューズを購入する際の注意点

  • クリートの互換性: ほとんどのロードサイクリングシューズには、3 ボルトクリートマウントが使用されています。つまり、Shimano SPD-SL Look のペダル/クリートシステムのような、"ロードスタイル" クリップインシステムのみと互換性があります。Speedplay をはじめとする他のシステムもあります。シューズを購入するときは、使用するペダルとの互換性を確認してください。クリートはシューズに付属していません。
  • バックル、ストラップ、BOA レーシング足をシューズに固定する方法には、大きく 3 つ (ラチェットバックル、ベルクロストラップ、BOA レーシングシステム) に分けることができます。ベルクロでの固定は信頼性があり、強力かつ軽量です。ラチェット式は頑丈で、足をしっかりと固定でき、移動中に簡単に調整できることが特徴です。BOA は最も軽量なシステムで、レーシングにより、一部のストラップシステムで発生するような不快な出っ張りがありません。どれを選択するかは個人の好みと予算によります。すべてのシステムにそれぞれメリットとデメリットがあるとはいえ、どれも最終的には十分に機能します。
  • ベンチレーション: ロードシューズで最後に検討するのはベンチレーション、つまり通気性のレベルです。ロードシューズというカテゴリーには、さまざまなベンチレーションレベルの製品があります。冬季向けのシューズやブーツでは、水の侵入を防いだり、高い断熱性能を維持するために、メッシュや穴は最小限です。一方で、夏季に通気性と快適性を確保するために、ソールに穴が空いていてアッパーがメッシュの、通気性が高いシューズもあります。ライディングする天候や気候に適した通気性のシューズを選択すれば、快適なライディングを楽しめます。

 

 


トライアスロンサイクリングシューズ

トライアスロンサイクリングシューズは、ロードシューズと似ている部分もありますが、多くの部分が基本的に異なります。最大の違いは、トライアスロンシューズは (トランジションをすばやく済ませるために) ライディング中であっても簡単に脱ぐことができるように作られている点です。また、必要に応じてソックスなしで履けるように、裏地は柔らかめです。

Triathlon cycling shoes

 

 

トライアスロンシューズを購入する際の注意点

 

​ストラップ留めとヒールループ: ほとんどのトライアスロンシューズでは、足の固定のために幅広のベルクロストラップが 1 本使用されています。そのため、バイクの上でも簡単にストラップを調整したり外したりできます。これはトライアスロンでのトランジションでは重要です。バックルがないので、トランジションに入る前にシューズを脱いで、シューズの上からペダルを踏んでもあまり不快ではありません。その他の注目すべき機能として、トランジション中にすばやくシューズを履くためのヒールループがあります。
ベンチレーション: トライアスロンシューズは、水泳後に足が乾くように、多くは通気性が非常に高くなっています。メッシュパネル付きのシューズを選択すれば、足周りの空気の流れを確保し、バイク上でも快適性を維持することができます。
クリートの互換性: トライアスロンシューズのクリートの互換性の問題は、先に述べたロードシューズと同じです。通常は 3 ボルトマウントですが、他の種類も存在します。

 

 


マウンテンバイクシューズ

マウンテンバイクシューズは、ロードやトライアスロンのシューズとは、機能も外見も大きく異なります。1 つ目の違い (最も明らかな違い) は、マウンテンバイクシューズにはソールに溝や突起があることです。開門のために降車する必要がある場合やぬかるみなどで、歩いたり走ったりできます。2 つ目の違いは、クリートシステムが異なることです (詳細は後述します)。3 つ目の違いは、トレイルの泥などの侵入を防ぐために、合成皮革のような強靱な防水素材でできている点です。

Mountain biking shoes

 

マウンテンバイクシューズを購入する際の注意点

  • ソールの柔軟性: ほとんどのマウンテンバイクシューズは、ロードシューズよりもソールに柔軟性があります。ロードシューズに求められる動力伝達効率の良さと、オフロードライディングで必要になる降車しての歩きやすさの間で妥協点を探った結果です。ハイエンドのマウンテンバイクシューズになると、カーボン製のソールも多くなります。ハイエンドシューズは、動力伝達効率を高めたいマウンテンバイクレーサーを主なターゲットとしてデザインされています。歩行の機会が多ければ、プラスチックソールや複合ソールのシューズの方が適しています。
  • クリートの互換性: マウンテンバイクのクリートは、ロードサイクリングのクリートとは大きく異なります。これら 2 つの製品には互換性がありません。マウンテンバイクのクリートは、シューズのソール上の凹凸に収まるようにコンパクトに作られ、2 本のボルトのみで固定されます。また、泥や砂礫などが入らないようにデザインされています。クリートの種類は、使用しているペダルシステムで決まります。すべてのマウンテンバイクシューズは 2 ボルトマウンティングシステムを使用していますが、ペダルシステムが異なれば、通常、クリートの互換性はありません。クリートはシューズに付属していません。
  • ベンチレーション: ロードシューズと同様に、マウンテンバイクシューズにもさまざまなベンチレーションレベルの製品があります。冬季用のブーツには、完全防水仕様、Gore-Tex 裏地、シーリングカフ付きのものもあります。夏季用のレーシングシューズは、メッシュ部分が多く、合成皮革やゴムの部分は少なくなっています。また、全体的に冬季用よりも軽量です。
  • クロージャーシステム: ロードシューズと同様に、マウンテンバイクシューズにもさまざまなクロージャー方式があります。ベルクロ、ラチェット、BOA のどれを選択するかは、個人の好みと予算しだいです。

 

 


サイズとフィット

サイズとフィットは、サイクリングシューズ関連でよく質問の出る領域です。ブランド間でのサイズの違いや、サイズが合わなかったときの処理方法などについての質問です。

Wiggle は、お客様が簡単にサイズを選択できるように、各ページにブランド固有のサイズ表を掲載しています。下に示しているのは Sidi シューズの例です。たとえば、EU45 が Sidi シューズや dhb シューズのどのサイズに相当するのかを確認できます。

 

Sidi Shoes sizing guide


サイクリングシューズは、まったく個人的な選択になります。本ガイドで紹介したさまざまなスタイルとデザインが、皆様の参考になることを願っています。Wiggle サイトの品揃えは膨大です。好みや、ご使用中の装備にマッチするカラーとデザインがきっと見つかります。


About the author

ユーザー sachiko の写真
Site editor for Wiggle Japan
Published on: 08 5月 2015