Posted in Cycle
サイクリングタイツ購入ガイド

秋冬のオフシーズンもライディングを続けるのは大変です。しかし、トレーニング中でも暖かく快適であれば、かなり楽になります。このような時期にはサイクリングタイツがとても役立ちます。下半身を適切な温度に保ち、パフォーマンスの発揮を助けるので、快適かつ楽しくトレーニングできます。

温度、天候、性別などの要因別に、さまざまな種類のサイクリングタイツがあります。本ガイドでは、各種のタイツを紹介します。皆様のライディングに最適なタイツを確認できます。


秋および "暖かな" 季節向けのタイツ

10 ~ 20℃ の快適な温度のもとで着用するようデザインされています。季節の移り変わり (春と秋) や、冬の比較的暖かな日に最適です。

寒冷期向けのタイツよりも薄い素材から作られていて、多くの場合、フリース裏地なしの Lycra が使用されています。寒さからの保護はショーツよりも優れているとはいえ、寒冷期向けではありません。

このカテゴリーのタイツには、雨天時向けにデザインされたタイツ (CastelliNanoflex テクノロジー、SportfulNo-Rain 製品など) も含まれます。肌を風雨から守り、風による冷えを防ぎますが、激しく運動したときに暑くなり過ぎないよう、かなり薄い素材でできています。

"暖かな" 季節向けのタイツの代わりに、3/4 レングスタイツや "ニーウォーマー " も検討する価値があります。ショーツとタイツの中間の製品で、温度が 10℃ 台前半に下がったときに、大切な膝関節を暖かく保護します。同時に、ふくらはぎ下部から足首には風が当たるので、クールダウン効果も得られます。

Autumn and warm weather tights 1 PolarisAutumn and warm weather tights 2 Castelli


寒冷期向けのタイツ

"暖かな" 季節向けのタイツの次は、寒冷期向けのタイツを紹介します。6 ~ 15℃ の範囲で最も快適に着用できるようにデザインされたタイツです。多くのライダーは、冬季はこのタイツだけで十分だと感じるでしょう。

厚めの生地を使用し、多くの場合、起毛フリースのライニングが付いています。凍てつく外部環境と肌の間に暖かな空気層を作り、脚を冷えから保護します。

寒冷期向けのタイツの機能を確認するにあたっては、体幹を保温するハイカットのビブパネルや、衣服を抑えて脚を冷たい風から守るアンクルループにも注目してください。

寒冷期向けのハイエンドタイツには、GoreWindstopper テクノロジーや Assos Airblock などの防風生地が使用されています。冬の冷たい風や秋の強風の中でも脚を暖かく快適に保ちます。

Cold weather tights 1Cold weather tights 2 dhb


厳冬期向けのタイツ

厳冬期向けのタイツもあります。-5℃ まで温度が下がるときに着用するようにデザインされています。スペシャリスト向けのウェアです。雪の舞う山道、吹き付けるみぞれ、原野でのあられなど、過酷な環境の中でのライディングの際にライダーを守り、快適さを維持します。

ハイエンドなタイツには、高度な素材が使用されています。たとえば、CastelliThermoFlex Core Due などが使用されています。中空ポリエステル繊維のインナーレイヤーを使用した革新的なレイヤーデザインが施され、暖かな空気を保持する一方で、外側のナイロン・Lycra® レイヤーは水分を吸収し迅速に蒸散させます。中空インナーレイヤーは水をはじくので、濡れた場合でもタイツの内側はドライな感触が維持されます。

Assos は、Fugu ビブタイツに同様のテクノロジーを採用しています。9 種類の生地からなる 20 のパネルを組み合わせてマルチレイヤーにすることで、非常に優れた防寒生地に仕上げています。

厳冬期向けのタイツに投資すれば、冬に世界中でライディングを楽しめます。

Extreme temperature tights 1 CastelliExtreme temperature tights 2 Assos


女性専用タイツ

女性ライダーは、男女兼用のビブタイツ (およびショーツ) では不快感を感じることがあります。そのため、女性専用タイツを幅広く揃えました。体幹の温度を快適に保つハイカット、広範囲でビブをサポートし不快感をなくすストラップのデザインなどが女性専用になっています。

女性ライダー向けに、ビブなしのタイツも取り揃えました。ビブ付きのものよりも保温効果は低くなりますが、胸部への締め付けが緩くなっているので快適に着用できます。

Female specific tights 1 dhbFemale specific tights 2 Gore


フィット感とサイズ

衣服を最大限に活用するには、フィット感とサイズも重要です。サイクリングタイツも例外ではありません。自分の体を測定して最も適切なサイズを探し出せるように、当社のすべての製品には専用のサイズガイドがあります。

検討しているオーバーシューズのサイズに確信が持てない場合は、製品を実際に試した他のお客様の製品レビューを参考にできます。製品が到着した後でフィットしないと感じた場合は、未使用であることと、オリジナルの包装で返却することを条件として、365 日以内であれば当社に返品できます。返品に関する詳細については、当社のヘルプページをご確認ください。

パッド付きパッドなし: サイクリングタイツを購入する際に考慮すべきポイントがもう 1 つあります。パッドの有無です。当社が販売するサイクリングタイツのほとんどはパッド付きです。多くは、長時間の冬季トレーニングを行うライダーが快適にすごすための、冬季用パッドが付いています。パッドなしのタイツを購入することもできます。パッドなしのタイツの場合は、下にパッド付きのショーツをはくことでタイツ自体を複数日着用できるというメリットがあります。このようにすれば、複数回のライディングに同じ衣服を着用した場合でも、シートパッド内のバクテリア繁殖という問題を回避できます。

 


About the author

ユーザー sachiko の写真
Site editor for Wiggle Japan
Published on: 08 5月 2015