Posted in Cycle

TrueStart  コーヒーの紹介

TrueStart は世界で唯一、スポーツパフォーマンス向上を目的に、トライアスリートにより開発されたコーヒーです。合成物質を一切含んでいないインスタントブレンドコーヒーで、独自の製法により 1杯に含まれるカフェインの量がきっちり決まっています。

他のトップブランドと同様に凍結乾燥されたコロンビアアラビカコーヒー豆を使用しました。 TrueStart の異なる点は挽かれた豆のカフェイン含有量を測定し、一定に仕上げることです。他の一般的なコーヒーのカフェイン含有量は 10mg~350mg とかなりの開きがあるところ、TrueStart のカフェインは常に一定量なのです。

 

カフェイン含有量が一定であるメリットは?

では、なぜカフェイン摂取量が一定である必要があるのでしょうか。

カフェインには、長時間激しいトレーニングに耐えるよう蓄積された脂肪の使用を促進したり、集中力を高め、論理的思考を向上したりなど、複数の利点があります。 また、運動後には増幅し、筋肉によるグリコーゲンの吸収を促進することで、身体の回復スピードが上がります。

しかし、カフェイン含有量が調整されていないコーヒーを飲むことでカフェインを過剰摂取すると、逆効果を引き起こすこともよくあります。コーヒーの飲みすぎで、神経質になったり、頭痛が起こったりしたことはありませんか? 更にはお腹を壊したり、脱水症状に陥るなど、もっと悪い症状を引き起こしかねません。

カフェインは正しい分量で摂取することが大変重要なのです。

 

スポーツパフォーマンス向上のための正しいカフェイン摂取方法

カフェインはパフォーマンス向上の強い味方 カフェインにはスポーツパフォーマンスを向上する多くの利点があります。精神集中力や注意力が向上するだけでなく、身体の耐久力を高めたり、運動強度を自覚しにくくする働きがあります。  これらの理由から生理学上では、カフェインによりパワーが上昇し、タイムトライアルなどで爆発的なパフォーマンスが実現する効果も認められています。群集から抜け出したいというサイクリストには最適と言えるでしょう。 また、運動時のリカバリーでグリコーゲンの再合成にも効果を発揮するので、回復速度が上がり、次のトレーニングでも全力が出せます。

 

どのくらいのカフェインを摂取すべきか

個人差があるので、どれぐらいの量を摂取するのが一番か、まずは調べてみることをお勧めします。TrueStart はスプーン 1杯に 95mg 含まれているので、ご自身で必要な量を計ることが可能です。 一日のカフェイン推奨摂取量は最大で 400mg (妊娠中や授乳中の女性は 200mg) です。スポーツのパフォーマンスには、体重 1kg に対し、2~3mg のカフェイン摂取が理想的な量だと様々な研究により明らかになっています。

 

エネルギードリンクのカフェインと TrueStart のカフェインの違いは?

エネルギードリンクには合成カフェインが含まれています。 合成カフェインは血流に素早く到達しますが、ワークアウト途中で効果が切れてしまうこともしばしばです。 また、エネルギードリンクには砂糖や添加物がたくさん含まれています。 TrueStart は天然のカフェインのみ使用しているので、ゆっくりと放出され、一気に効果をなくしてしまうこともありません。これこそが、TrueStart が持久系のスポーツでお勧めしたい最大の要因です。

 

トレーニングのためにいつカフェインを摂取すべきか

TrueStart ではトレーニングを通してコーヒーを飲むことをお勧めしています。

  • 運動前 : TrueStart は運動前に最適です。身体の準備を整えてくれることでしょう。
  • 運動中 : 爽やかな香りを楽しみながら、カフェインを追加摂取できます。冷たい水に溶かして飲むことがお勧めです。
  • 運動後 : トレーニング後にはお湯に溶かして飲むことをお勧めします。もしくは、筋肉のリカバリーを促進するためにプロテインシェイクに混ぜるのもいいでしょう。

 

プロサイクリストの Dan Bigham 選手は、このようにして TrueStart をトレーニングに活用しているようです。

TrueStart を様々なトレーニングで使用しているよ。理由はいろいろある。 まずは、インターバルトレーニング。ロードでのサイクリングでも、ターボトレーナーでのトレーニングでも欠かせない。 体重 1kg あたり 3mg のカフェインを正確に計算して摂取できる。ちなみに僕は 5g 使用する。 生理学研究により認められた理想的な摂取量だそうだ。 ブラックで飲む方がすっきりしているので、僕は好みだな。 カフェインによりパワーが限界まで押し出せるので、コーチが示してくれた目標を達成できるんだ。 もしなければ、苦労するだろう!

それに、レース前の準備期間にもとても大切だ。 レースの朝には 10g の TrueStart を水に溶かして、水筒に入れる。1kg あたり 3mg のカフェインが摂取という目安がありがたい。 僕は食べ物や飲み物を常に携帯しているようなタイプじゃないから、スタート 30分前にコーヒーを飲み干して、ウォーミングアップに専念する。 コーヒーは、甘ったるいカフェインドリンクや色々あるカフェインジェルよりも、実はお腹に溜まるし、消化も早いことに気がついた。 イギリスの肌寒い気候には暖かいコーヒーはありがたい。レースの前に身体を温めてくれるからね!

ファスティングトレーニングにも TrueStart にも利用している。 ファスティングトレーニングには多くの生理的利点があるが、グリコーゲンを減らしてしまうので、結果としてパワーも減少する。 研究では、トレーニング前に中程度 (150~200mg) のカフェインを摂取することにより、このパワーの減少がほぼ完璧に食い止められ、質の高いトレーニングを積めることが実証されているんだ。 トレーニングの質こそ僕の追い求めるもの。だからこそ、 TrueStart - Performance Coffee (カフェイン入り) を重宝しているよ!

 

About the author

ユーザー Ryutaro の写真
Ryutaro Okazaki
Published on: 09 11月 2016