Posted in Cycle
Rear derailleur

リアディレイラー

リアディレイラー (リアメック) は、バイク後部にあるカセットのギアを変速するためのメカニズムです。ハンドバーに取り付けられたギアシフターがケーブル (電子式またはワイヤー式) を引いてギア範囲内でディレイラーを動かします。ディレイラーは、チェーンをカセットの適切な歯車に移動させます。


ディレイラーの役割

複数のギアを装備したバイクのほとんどはリアディレイラーを使用しています。例外は Shimano のNexus、Alfine、または有名な Rohloff Speedhub などの内装ギアハブで、自動車のようにハブ筐体内部にギアボックスが組み込まれています。

リアディレイラーを装備したバイクの大半は、フロントにもディレイラーがあり、2 つ (ダブル) または 3 つ (トリプル) の歯車を切り替えて使用します。ロードバイクの 99% はフロントディレイラーリアディレイラーを装備していますが、マウンテンバイクでは、起伏の多い路面でチェーンが外れることがあるため、フロント部分のチェーンの安定性を上げるためにギアの数が減ってきています。


リアディレイラーを購入するときに考慮する項目

ケージの長さ

リアディレイラーにはさまざまな長さのケージがあります。ケージが長くなると、広いギア範囲に対応でき、リアカセットに広範囲のコグを使用したり、フロントのクランクセットで使用するチェーンリングのサイズの差を大きく取れたりします。これは、長いケージを使うと、ドライブトレインで小さなギアを使うときのチェーンのたるみをディレイラーで吸収できるからです。

マウンテンバイクはギア範囲の広いカセットを使う傾向があり、長いケージのディレイラーが多く使用されます。同様に、トリプルチェーンセットを装備したロードバイクでは、最も小さいチェーンリングと最も大きなチェーンリングとの大きな差に対応するために長いケージを使用する傾向があります。

一般的な法則は、次のようになります:

  • マウンテンバイクとトリプルチェーンセットのロードドライブでは、ミディアムまたはロングケージディレイラーを使う。
  • ダブルチェーンセットのロードバイクでは、ショートケージディレイラーを使う。
  • 一部のロードバイクブランドには、範囲が広いロードカセット (12 ~ 29 歯のカセット) で使用されるミディアムケージ長があります。
  • はっきりとしない場合、製品説明の「対応歯数」を参照して、対応数値内にカセットの歯数の範囲が収まっていることを確認してください。たとえば、ディレイラーの対応歯数が 30T の場合、11-28T のカセットを問題なく使えます。

マウンテンバイクのロングケージとミディアムケージのディレイラーにはそれぞれ有利な点と不利な点があります。ケージが長いディレイラーは広範囲のギアに対応し、チェーンラインが整います。ミディアムケージのディレイラーはトレイルの岩にぶつかりにくくなっています。通常のカセットの範囲を超えるギアを使う必要がなく (歯数がディレイラーの容量内に収まっているなど)、ミディアムケージを使用できる場合、ミディアムをお勧めします。

ショートケージとロングケージ。Shimano と SRAM がショートケージとロンケージのオプションを揃えています。

クラッチディレイラー

マウンテンバイクのディレイラーでは、クラッチが一般的になりつつあります。クラッチ機能は、自動車のシートベルトのように、ディレイラーケージのバネの張力と動きに、一定の抵抗を与えるものです。荒れた地形では、チェーンの重量でディレイラーが跳ね、チェーンが騒音を発したり、チェーンリングから外れたりすることがあります。クラッチは、チェーンを元の位置から動かないようにして、安定させます。

Shimano と SRAM はクラッチディレイラーにそれぞれ別の名称を使っています。Shimano: シャドープラスという名称で、小さなレバーでオンとオフを切り替えられます。クラッチをオンにすると、ギアシフターからのシフト感覚がやや固くなることがあります。SRAM: Type 2 という名称です。常に有効で、オンとオフを切り替えることはできません。SRAM ではこの機能が必須だと考えていません。

クラッチスタイルディレイラー - SRAM と Shimano

互換性 - 変速

ディレイラーの互換性については、一般的に 2 つの原則があります。

  • カセットのギアの数 (通常は 9、10、11 速) に合ったディレイラーを使う。互換性は製品説明に明記されています。
  • Shimano には Shimano、SRAM には SRAM、Campagnolo には Campagnolo を組み合わせる。ドライブトレインの一部のコンポーネントには各ブランド間で互換性がありますが、ディレイラーとシフターの組み合わせには一般的に互換性がありません。Shimano のシフターを使う場合、Shimano のディレイラーを使います。他ブランドでも同様です。

10 速 Shimano Ultegra リアメックと 11 速 Shimano Ultegraリアメック

About the author

ユーザー sachiko の写真
Site editor for Wiggle Japan
Published on: 08 5月 2015