Posted in Cycle
FFWD F4R Wheelset

Fast Forward (ファストフォワード: 以下FFWD)  は 2006 年以来、強度と信頼性に優れたハイパフォーマンスカーボンホイールをオランダの自社工場で製造しています。本ガイドでは、最適な FFWD  (ファストフォワード)ホイールの選択方法を解説します。

すべての FFWD (ファストフォワード)ホイールは、オランダのズウォレで手作業で製造されています。大量生産ホイールではなく、特定の目的別に超軽量かつ高強度の高速なホイールセットを製造しています。FFWD にはさまざまな設計のホイールがあります。どのような基準で、自分のライディングやトレーニングに最適なホイールを選択すればよいでしょうか。


サイクリングの種類

サイクリングの種類に応じて最適なホイールは変わります。FFWD ホイールは、4 つのカテゴリー (ロード、シクロクロス、トラック、およびタイムトライアル/トライアスロン) に分けることができます。

  • ロードホイール: 強度と耐久性に優れ、軽量です。ロードホイールは、舗装路で優れた性能を発揮するように作られています。
  • シクロクロスホイール: ロードホイールセットと同様に、強靱で軽量、かつ剛性が高くなっています。ディスクブレーキオプションを備えた製品もあります。
  • トラックホイール: 競輪場向けに設計されています。チューブラータイヤ、ロックナットアクスル、シングルの固定リアスプロケットを特徴とします。
  • タイムトライアル/トライアスロンホイール: 空力特性が重要な製品です。そのため、ディープセクションリムとブレードスポークが採用されています。

最適なリムの選択

FFWD (ファストフォワード) のホイールは、素材で 4 つのタイプ (合金クリンチャー、合金/カーボンクリンチャー、フルカーボンクリンチャー、カーボンチューブラー) に分けることができます。この中から最適なものを選択します。

 

  • アロイクリンチャー: 高耐久性、高強度、長寿命が特徴です。トレーニングホイールとしての使用と、雨天時のレースに理想的です。
  • アロイ/カーボンクリンチャー: ホイールはカーボン製で、ブレーキトラックは合金製です。軽量で、強力なブレーキ性能が特徴です。
  • フルカーボンクリンチャー: スピードと利便性に優れています。軽量なカーボンとクリンチャータイヤの利便性が特徴です。
  • カーボンチューブラー: 非常に軽量で強度が高いトップランクの製品です。チューブラータイヤのみ使用できます。

 


最適なリムプロファイル (形状) の選択

ホイールを使用するトレーニングの種類を選択したら、次はリムの深さ (ボックスセクション、シャローセクション、ミッドセクション、ディープセクション、3/5 スポーク、ディスク) を検討します。

シャローセクションリム

ホイールを使用するトレーニングの種類を選択したら、次はリムの深さ (ボックスセクション、シャローセクション、ミッドセクション、ディープセクション、3/5 スポーク、ディスク) を検討します。

  • FFWD (ファストフォワード) シャローセクションリムホイールセット: F2RF2A
  • リムの深さ: 24mm 以下
  • 軽量 - クライムに最適
  • 最小限の風損
  • すばやい加速

FFWD F2A

 

ミッドセクションリム

シャローセクションリムから空力特性をステップアップした製品です。日常の使用に理想的です。深めのリムプロファイルで、スピードと強度に優れています。

  • FFWD ミッドセクションリムホイールセット: F4RF4R-CF4R-FCC
  • リムの深さ: 45mm
  • 軽中量 - クライムと平地の両方に適したオールラウンドな選択肢
  • 低い風損
  • すばやい加速

FFWD F4R

 

ディープセクションリム

平地でのレースやタイムトライアル専用です。深いリムプロファイルが優れた空力特性を生み出します。また、スプリントやタイトなコーナリングを考慮して、剛性を高くしています。

  • FFWD  (ファストフォワード)ディープセクションリムホイールセット: F6RF6R-CF9RF9R-C、(トラック向け F6T/F9T)
  • リムの深さ: 58 ~ 90mm
  • 他のリムより重め – 平地のロードやトラックレースで良好なパフォーマンス
  • 風損中~大 - 日常使用には適さない
  • 最高の空力特性: 一定速度での走行、タイムトライアル、トラックレースに最適

 

3/5 スポークおよびディスクホイール

空力特性を極めた形状です。3 スポークおよび 5 スポークホイールには、通常のスポークではなく、カーボンブレードを使用しています。また、ディスクホイールは全体を隙間なく覆います。回転翼のように空気を切り裂きますが、強い横風が吹き付ける状況では風損を受けやすいので、通常は風が弱い状況でのみ使用します。また、他のホイールよりも重量があるので、起伏のある地形でのレースにも使用されません。トラックレースには使用されることがあります。

  • FFWD  (ファストフォワード)タイムトライアル/トラックホイールセット: Three、Disc、Disc FCC、Disc 650
  • 他のホイールよりも重め - 平地ロードのみ
  • 風損大 - 日常使用には適さない
  • 最高の空力特性: 一定速度での走行、タイムトライアル、トラックレースに最適


ハブの種類

ここまでに、サイクリングの種類を選択し、ライディング環境に最適なリムプロファイルを選択しました。次に、ホイールの中心部にあるハブを検討しましょう。

FFWD (ファストフォワード) ホイールには、自社の FFWD (ファストフォワード)ハブだけでなく DT Swiss のハイエンドハブなど、さまざまなハブが組み込まれています。各製品の特徴を以下に示します。

  • FFWD (ファストフォワード) ハブ – "標準" の FFWD (ファストフォワード) ハブは、価格と品質に焦点を当てて製造されています。FFWD 専用に DT Swiss が製造したハイエンドハブです。最小限の転がり抵抗、交換が容易なカートリッジベアリングなどを特徴とします。手頃な価格帯のすばらしい選択肢です。
  • DT Swiss ハブ - FFWD (ファストフォワード)ホイールでは、世界的に有名な DT Swiss のハブとして 240 と 180 から選択できます。240 は、DT Swiss の製品群の中でも最も汎用性が高く人気のあるハブです。耐久性が高い長寿命のステンレススチール製カートリッジベアリングを使用しながらも、軽量かつ高強度を誇ります。180 は、同社が販売する製品群の中での最上位製品です。セラミックベアリングとカーボン繊維筐体を採用することで、優れた強度、耐久性、転がり抵抗を達成しながら、軽量のパッケージに収めています。

 

 


広範な製品群の中から最適な FFWD(ファストフォワード)ホイールを選択する際に、本ガイドが役立つことを願っています。ライディングスタイルに合ったホイールを選択することで、バイクの感触やパフォーマンスを高めることができます。

About the author

Site editor for Wiggle Japan
Published on: 14 5月 2015